ページ上部へ

セールスレップとは Sales Representative

メーカーと販売先を結ぶ橋渡し役としての販売活動を行います。※

日本におけるセールスレップは、資格認定団体である日本セールレップ協会において、日本型セールレップとして次のように定義されている。すなわち、「日本型セールレップは販売先:企業・団体の立場にたって、顧客に満足される商材を提供することがその役割であり、すでに存在する商材をただ切り売りするのではなく、顧客の状況にあった形でマーケティング情報をメーカーにフィードバックし、商材のバージョンアップや用途開発等の提案を行い、当該分野における販売力を有する者」としている。
  • 直接販売
  • マーケティング情報のフィードバック
  • 商材や開発の提案
販売力強化のお手伝いをいたします

セールスレップを活用する4大利点 ※ Advantage

  • 生きたマーケット情報のタイムリーな入手
  • 売れ筋に合った商品開発と売れるタイミングでの展開
  • 価格競争力の強化
  • 迅速に営業のプロを活用できる

セールスレップの活用事例 ※ Case Study

販路開拓:営業戦略・営業方法の見直し

商品力はあるのに、営業力が弱いので売上が思うように伸びないため、セールスレップを活用する。

新製品:新規事業や新商品の首都圏での販売展開

市場情報のフィードバック、マーケット精通したセールスレップに販売活動を委託する。

価格競争:価格競争力強化・流通短縮の対応

商品の競争力を高めるために、卸・問屋を経由した流通から直販へ切り替える場合にセールスレップを活用する。

セールスレップの活動のステップ ※ step

( 初回訪問 〜 営業報告 )
  • 1.初回相談
  • 2.
    • [1]製品評価(目利き)
    • [2]経営力評価
    • [3]経営者・営業責任者への
      ヒアリング
    【商品力の判断】
  • 3.セールスレップ基本契約書
    【セールスレップ契約書/個別契約書/守秘義務契約書】
  • 4.メーカーへの提案書
    【提案書作成】
  • 5.販売先への提案書(メーカーとの情報共有)
    【同業他社製品との比較/優位点把握】
  • 6.報告書(メーカーへ)
    【営業報告書/フィードバック報告書】
  • 7.注文書渡し(メーカーへ)
  • 8.実績報告書

営業セールスレップ事業 Business

マーケティング戦略の立案(WEBマーケティング、リアルマーケティング)

  • 見込客の開拓

    • ターゲット選定
    • 情報取得、ニーズ調査
    • タスク整理、順位決定
    • ・WEBサイト構築
    • ・SNS
    • ・メールDM
    • ・TEL
    • ・FAXDM、郵送DM
    • ・展示会、イベント
    • ・セミナー
    • ・PR、ニュースリリース
    • ・資料請求
    • ・問合せ
    • ・顧客訪問、紹介 等
  • 案件化・受注継続・代金回収

    • 見込客の獲得
    • 訪問、商談
    • 受注
    • 継続フォロー
    • クロスセル、アップセル

販売力強化にお悩みなら

人材不足・営業力不足に悩む企業をサポート

お問合せ

050-5850-2743

メールでのお問合せ

※引用元「「つくる」から「売れる」へ」(小塩稲之著)TAC出版