ページ上部へ

上前泊ブログ
  • 情報セキュリティ10大脅威 2018

    2018/05/17
    セキュリティ

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)より「情報セキュリティ10大脅威2018」が公開されました。
    個人の部では、1位「インターネットバンキングやクレジットカード情報等の不正利用」、2位「ランサムウェアによる被害」、企業の部では、1位「標的型攻撃による被害」、2位「ランサムウェアによる被害」、どちらも昨年同様の結果です。

     

    また、個人の3位には、昨年7位から上昇した「ネット上の誹謗・中傷」、企業の3位には、昨年圏外の「ビジネスメール詐欺による被害」が入っています。

     

    ウイルス感染やフィッシング詐欺により、インターネットバンキングの認証情報やクレジットカード情報が攻撃者に窃取され、不正送金や不正利用が行われています。
    2017年は、インターネットバンキングの被害件数と被害額は減少傾向だが、新たに仮想通貨利用者を狙った攻撃が確認されています。

     

     

  • IPAセキュリティ情報「ゴールデンウィークにおける情報セキュリティに関する注意喚起」

    2018/05/03
    セキュリティ

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)よりゴールデンウィークにおける情報セキュリティに関する注意喚起が出ています。

     

    長期休暇の時期は、「システム管理者が長期間不在になる」、「友人や家族と旅行に出かける」等、いつもとは違う状況になりやすく、ウイルス感染や不正アクセス等の被害が発生した場合に対処が遅れてしまったり、SNSへの書き込み内容から思わぬ被害が発生したり、場合によっては関係者に対して被害が及ぶ可能性があります。このような事態とならないよう、(1)組織のシステム管理者、(2)組織の利用者、(3)家庭の利用者、のそれぞれの対象者に対して取るべき対策をまとめています。

     

    詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

    https://www.ipa.go.jp/security/topics/alert300419.html

     

     

  • 【東京都】サイバーセキュリティ対策促進助成金の申請案内

    2017/09/01
    補助金・助成金

    サイバーセキュリティ対策促進助成金の申請案内

    東京都中小企業振興公社案内URL

    http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/setsubijosei/cyber.html

     

    1.助成対象事業者
    都内において事業を営んでいる中小企業者及び中小企業グループ

     

    2.助成対象事業
    助成金の交付の対象となる事業は、助成対象事業者が、サイバーセキュリティ経営ガイドライン又は中小企業の情報セキュリティ対策ガイドラインに基づいてサイバーセキュリティ対策を実施するために必要となる次に例示する製品・サービスを導入又は更新するものとします。

    UTM
    ファイアウォール
    VPN
    ウィルス対策ソフト
    アクセス管理製品
    システムセキュリティ管理製品
    各種セキュリティサービス
    クラウドサービス
    パソコン・サーバ(最新OS搭載のものへの更新を伴い、他のセキュリティ対策を併せて実施するものに限る)
    その他ハードウェア・ソフトウェア
    サイバーセキュリティ経営ガイドライン[PDF:702KB]
    中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン[PDF:8,861KB]

     

    3.助成対象経費
    助成対象事業に係る製品の購入費、設置費等のうち、理事長が必要かつ適切であると認められる経費。

     

    4.助成率及び助成限度額
    助成率 助成対象経費の1/2以内
    助成限度額 1,500万円(下限30万円)

     

    5.申請期間
    平成29年9月1日(金)~平成29年9月29日(金)

    申請期間中は常時受付を行います。
    申請は、事前に公社までご連絡いただき、御来所される日時を予約してください。また、申請者御本人が公社窓口にて申請書類を提出してください。

     

    6.申請方法
    申請方法等詳細については、「募集要項」をダウンロードして御覧ください。

    募集要項[PDF:373KB]
    申請書等は、下記のURLをご確認ください。

     

    http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/setsubijosei/cyber.html

     

    □ 申請・問い合わせ先 □
    企画管理部 設備支援課
    〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1-9 東京都産業労働局秋葉原庁舎
    TEL:03-3251-7889

  • ペルソナとは

    2016/06/17
    WEBマーケティング

    >>おはようございます。パスメイトセールレップの上前泊です。

     

    ペルソナとは、「ユーザーを代表する架空の人物のこと」をいいます。ペルソナを設定することで、自社が顧客としたい人がどういう人物像であるかを明確にすることができます。ペルソナが自社の製品・サービスから何を利益として考え、どのように苦痛を和らげるのかを考えることで、顧客にとって魅力ある、価値ある商品開発ができます。

     

    <ペルソナの効果>

     

    1)自社にとって独りよがりの商品開発をすることがなくなる

     

    2)顧客が自社の商品の存在に気づき、購買するまでの過程に目を向けることができるようになる

     

    3)ペルソナをベースに異なる部門や関係者の間で議論を交わすことができるようになる

     

     

    どんな人物をペルソナにするか。はじめは決めうちで構いません。修正しながら、設定してください。

     

    ・ターゲットは全体像

     

    ・ペルソナは、その中に焦点を当てる

     

    個人を浮かび上がらせることで、より具体的なベネフィットが想起できます。

     

     

    次回は、ペルソナとターゲットの違いについて、説明します。

     

     

  • 宿泊・飲食施設の分煙化を支援します!外国人旅行者の受入れに向けた宿泊・飲食施設の分煙環境整備補助金

    2016/06/15
    補助金・助成金
    おはようございます。パスメイトセールレップの上前泊です。
    東京都では、外国人旅行者が快適に宿泊・飲食施設を利用できるよう、事業者が行う分煙環境の整備に対する補助事業を実施しています。
    パスメイトでは、専門家による申請支援を行っています。
    1 補助対象
    多言語対応(例:ホームページ、メニュー等の外国語による表記)に取り組んでいる、または取り組もうとしており、外国人旅行者受入れに積極的な宿泊・飲食施設のうち、以下に該当する事業者
    1.東京都内の宿泊施設
    2.東京都内の飲食店で、中小企業者に該当する者
    2 補助率・限度額
    補助対象経費の5分の4以内で、1施設につき300万円を限度とします。
    3 補助対象経費
    1.喫煙室の設置
    2.エリア分煙
    3.フロア分煙
    上記1~3の措置に必要な設備・備品購入費、改修整備費等
    4 募集開始
    平成28年4月1日~ ※補助は予算の範囲で、原則受付順とします。
    5 申請先
    産業労働局 観光部 受入環境課 環境整備推進担当