ページ上部へ

上前泊ブログ
  • 情報セキュリティ10大脅威 2018

    2018/05/17
    セキュリティ

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)より「情報セキュリティ10大脅威2018」が公開されました。
    個人の部では、1位「インターネットバンキングやクレジットカード情報等の不正利用」、2位「ランサムウェアによる被害」、企業の部では、1位「標的型攻撃による被害」、2位「ランサムウェアによる被害」、どちらも昨年同様の結果です。

     

    また、個人の3位には、昨年7位から上昇した「ネット上の誹謗・中傷」、企業の3位には、昨年圏外の「ビジネスメール詐欺による被害」が入っています。

     

    ウイルス感染やフィッシング詐欺により、インターネットバンキングの認証情報やクレジットカード情報が攻撃者に窃取され、不正送金や不正利用が行われています。
    2017年は、インターネットバンキングの被害件数と被害額は減少傾向だが、新たに仮想通貨利用者を狙った攻撃が確認されています。

     

     

  • IPAセキュリティ情報「ゴールデンウィークにおける情報セキュリティに関する注意喚起」

    2018/05/03
    セキュリティ

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)よりゴールデンウィークにおける情報セキュリティに関する注意喚起が出ています。

     

    長期休暇の時期は、「システム管理者が長期間不在になる」、「友人や家族と旅行に出かける」等、いつもとは違う状況になりやすく、ウイルス感染や不正アクセス等の被害が発生した場合に対処が遅れてしまったり、SNSへの書き込み内容から思わぬ被害が発生したり、場合によっては関係者に対して被害が及ぶ可能性があります。このような事態とならないよう、(1)組織のシステム管理者、(2)組織の利用者、(3)家庭の利用者、のそれぞれの対象者に対して取るべき対策をまとめています。

     

    詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

    https://www.ipa.go.jp/security/topics/alert300419.html